女の人

カンジタと診断されたら

膝を抱える女性

カンジダと似ている症状をチェック

織物の変化や痒みが伴う場合、カンジダに似ている症状がいくつかあります。細菌性腟症や膣トリコモナス、淋菌性膣炎があげられます。膣カンジダの場合、織物は白色で酒粕状です。織物の量も多くなります。原因も性交渉意外でなり得ます。デリケートな部分ですので、特長や感覚で判断できない方は、早めに病院に通う方が良いでしょう。そのままにすると抵抗力が下がり再発につながりかねません。

カンジダが発症した時に気をつけること

カンジダで痒い時は、夜も眠れない程です。織物がついた部分や膣付近、中と我慢できない時もあります。一度発症された方でムズムズ感がしたらほぼカンジダの可能性があります。通気性のある服装で過ごすのも良いですが、就寝時布団にて温まっても痒みがでます。それでも我慢するとストレスやで免疫力低下、再発の原因になります。陰部を清潔にすることも大切ですが、洗いすぎは悪化の原因ですのでご注意ください。

痒みが続く場合どうすればいいのか

真菌薬を処方されても症状が良くなるまでに1週間程度かかります。それが我慢できない場合はステロイド剤を処方してもらいましょう。かゆみを鎮める効果があります。また、副作用のないサプリもあるので妊娠中の方でも安心です。カンジダの完治、再発、抗生物質を避けたい方、カンジダで長年悩んでいた方に良いでしょう。医師が認定されているものなど口コミ・評価をみて選ぶのもポイントです。

カンジタの感染経緯

カンジタは性病の一種です。カンジタ属のカビの常駐菌によっての自己感染が主で、免疫力が低下している時のカンジタ感染者との性行為によっても発症します。カンジタの主な症状について解説します。

もっと読む

漢方でカンジタを治療する

カンジタ症の原因であるカンジタ菌は、免疫力の低下や下半身の湿熱が伴って増殖しやすい環境になります。漢方でカンジタ菌の増殖しやすい環境を取り除き、同時に体の調子を整えましょう。

もっと読む

膣カンジダについて知ろう

膣カンジダは膣カンジダ菌の繁殖によるもので、どの女性にも起こり得る疾病です。健康な女性でも常在菌としてあるので、抵抗力が下がると発症することがあります。一度直っても再発しやすい疾病です。

もっと読む