ウーマン
  1. ホーム
  2. 漢方でカンジタを治療する

漢方でカンジタを治療する

お尻

免疫力の低下により繰り返すカンジタの発症

カンジタ症は、カンジタという真菌が体内や粘膜で増殖して発症する病気です。カンジタが発症している箇所に強いかゆみが発生し、治っても繰り返し発症することが多いです。なぜ、繰り返し発症するかというと、カンジタ症の原因のカンジタという真菌が、ホルモンバランスが変化することや疲労によって起こる免疫力が低下することで自浄作用が働きにくくなり、カンジタ菌が増殖しやすくなるためです。また、カンジタ菌は湿気が強くて温かい環境を好むため、ジーンズなど通気性の悪いズボンの着用によっても発症しやすいです。免疫力の低下と下半身の湿熱によるカンジタの発症を、漢方薬で防ぐことができます。

カンジタの発症を漢方で抑えて体の調子を整えましょう

カンジタの発症理由の一つである免疫力の低下は、風邪をひきやすくなったり、アレルギー体質になり痒みが発生したりと、体の内と外から様々な不調を引き起こします。カンジタの発症も免疫力の低下が要因になります。免疫力が低下し体の外側にあたる皮膚の細胞や、体の内側の粘膜の細胞を漢方薬の服用で活性化させることが出来ます。体の内と外の細胞を漢方薬を飲むことで活性化させて、カンジタを含む様々な体の不調を防ぐことが出来ます。さらにもう一つのカンジタの発症理由の下半身の湿熱も漢方で抑えることが出来ます。湿気によって起こる熱を、清熱薬と利湿薬を併用して利尿によっての排出を促進させることで、カンジタ菌の増殖を防ぎます。漢方薬はカンジタの発症を抑え、さらに体の不調の原因まで取り除くことが出来ます。