ウーマン
  1. ホーム
  2. 膣カンジダについて知ろう

膣カンジダについて知ろう

下を向く人

約2割の女性が膣カンジダになるおそれ

カンジダ菌は、皮膚や口内など常在菌ですので、生活の変化によって発症形態が異なります。特に膣カンジダに関して、女性の約2割が経験しているというデータがあります。病気や疲労もありますが、妊娠を期に発症することもありますので女性特有の病気になります。主な症状は2種類あります。「外部のかゆみ」と「酒粕状のおりもの」です。原因は意外なことから発症や再発になる恐れがありますので、以下確認していきましょう。

カンジダ症状・発症・再発について

カンジダの症状として、膣と周辺のかゆみやヒリヒリした刺激があります。また、排尿時に痛みを感じたりもするでしょう。また、性行為の際痛みもあります。目に見えるものとして、膣の皮膚の発疹や発赤、織物に異変があります。織物の粘度が高かったり、酒粕状であったりでないか確認をしてみましょう。日常生活でも発症・再発の可能性があります。生理前や風邪、疲労と免疫力の低下によるものや、通気性の悪い服装、食生活による糖尿病、妊娠と様々です。

カンジダへの予防と注意事項を確認

カンジダへの予防として、通気性の良い服装を心がけましょう。入浴後はデリケート部分を完全に乾かしましょう。生理中以外はナプキンを小まめに交換しましょう。湿気を含むとカンジダ菌が繁殖します。乾燥させることを意識しましょう。また、カンジダ発症中は注意が必要です。薬を使用しても、効果が下がる行為がいくつかあります。お手洗いで膣内洗浄や殺精子剤の使用はお控えください。外陰部をかくと刺激が強くなり、感染につながります。特に小さいお子さんとタオルの共有で感染に繋がる可能性があるので注意が必要です。日常生活で発症・再発は十分考えられことです。生活の見直しをしてみてはいかがでしょうか。